日本人女性の80%以上が脚の悩みを抱えています!

2012年10月2日(火)18:55~放送
NHK Eテレで放送された番組『Rの法則』内で、
姿勢測定器PA200を活用されています。

テーマは「美脚になれるO脚・ふくらはぎ・太ももの悩みが10日間の
トレーニングで解消!?」10代の足に関する悩みで多いO脚・ふくらはぎ・
太ももの悩みを解決するため、よく使われている筋肉とあまり使われていない
筋肉を調べたり、骨盤の傾きを調べるのに使用されています。
姿勢測定器PA200は、姿勢のゆがみをわかりやすくビジュアル化し、
カラダがどんな状態なのかを明らかにすることができます。

まずは自分の姿勢を知ることが大切です!

被験者Yさま(30代女性) ※診断は当社商品であるBiform100を履く前と履いた後を比較したデータです。
被験者Yさまの姿勢診断

シューズを履く以前の正面姿勢では、上半身では、
左方向に傾斜し、右肩・右腰を下がっている。
また、膝関節は、外反する傾向が見られる。
側面からは、上半身による後方反り返り、頭部前方偏位が
観察される。

シューズを履くことで、右腰が下がる傾向が緩和される。
そして、膝関節の外反傾向も改善しているように観察される。
側面からの反り返り、頭部前方偏位が減少傾向にあると
思われる。

被験者Kさま(60代男性) ※診断は当社商品であるBiform100を履く前と履いた後を比較したデータです。
被験者Kさまの姿勢診断

シューズを履く以前の正面姿勢では、
頭部右傾斜が観察される。


シューズを履くことで、正面頭部右傾斜が
改善されているように観察される。

姿勢測定器PA200について

方向からの全身画像と体重分布を示す足圧センサー情報をパソコンに取り込み姿勢のひずみを数値化できる、
これまでにはなかった全く新しい測定器です。
数値化されたデータから分析を行い、体重分布と身体アラインメントのバランスが保たれているかを
簡単な操作で判断・評価できます。
また、測定履歴をデータベースで管理することで、姿勢が改善していく過程を履歴として表示できます。
姿勢改善のための運動プログラムや運動処方を帳票出力する機能もあり、
フィットネスクラブ、プロスポーツ、トレーニング、治療院、歯科、整形外科、カイロプラクティック、整体、
介護、理学療法、エステティック、学術、研究、開発等々様々な分野で活用できる測定機器です。

美フォーム100を履くことにより、“正しい”歩行を強力サポート。 お気軽にお問合せください!!